WordPressとかすごく簡単に色々なコーポレートサイトを作るのに使い勝手がよくていいですよね。

僕も、色々なサイトを製作するのによく使います。

それでもよく使う癖に何故かテンプレートファイルの作り方とかで検索をしたりするんですよね。

その時間がすごく無駄だなって思うので、一回復讐をしながらテンプレートを作るのに何が必要なのかをもう一度やりながら学んでいきたいなって思いました。

常駐案件でWordPressとか結構多くあってくれると、助かるんですけどね。

WordPressのダウンロード

WordPress公式サイト

現在だと5.0.3が配布されていました。

これをダウンロードして、ローカル開発環境に構築をしましょう。

環境構築は、説明する記事が他で多くあるのでこのサイトでは説明をしません。

フローとしては「ファイル入手」→「ディレクトリに設置」→「事前にWP用のDB作成」→「ローカル環境でアクセス」→「インストーラーに従って作成をする」これだけでWordPress環境の構築が終わります。

WordPressの初期表示を確認する

管理画面が下記のような感じで

初回のテンプレートでの初期表示が下記のような感じです。

このままじゃ、少し寂しい感じがしますね。

でも、このテンプレートをそのまま使うつもりはないので、表示が問題なくできるという事が分かれば、それで大丈夫です。

初回表示しているテンプレートのファイルを確認する

本題のテンプレート作成ですが、もう初期表示ができた時点で、ほとんど終わっています。

というのも、ほとんどこれが答えなので必要なファイルを全てここから複製すればいいだけです。

「管理画面」→「外観」→「テーマの編集」ここにアクセスしましょう。

テンプレート構成

最初に上記ページが表示されます。

右側の「テーマファイル」がテンプレートに必要なファイルです。

これらが何をしているのか確認して行きましょう。

Style.css

これは、テーマ作成に絶対必要なファイルです。

CSSなので、単純に内容としてはページのスタイルを定義する事が記述されますが、style.cssに限ってはWPではテーマに関する説明などを記述されいるので、これがないとテーマとしてWPが認識してくれないです。

/*
Theme Name: テーマの名前(必須)
Theme URL: テーマのサイトのURI
Description: テーマの説明
Author: 作者の名前
Version: テーマのバージョン
Tags: テーマの特徴を表すタグ(カンマ区切り/オプション)
License: GNU General Public License v2 or later
License URI: LICENSE
Template: twentyseventeen // 子テーマ制作時限定 //親テーマの「ディレクトリ名」を入力(Twenty Sixteenを例とする
*/

最小限だともっと少ないですが、最終的にこれらは書いた方がいいと思います。

自分でテーマを作って売っていくのであれば、尚更必要ですね。

これ以外のstyleやjsはルートではなくcommonやcssやjsというディレクトリを作成して、その中にひとまとめにしていただいて大丈夫です。

function.php

名前の通りですが、PHP関数を書く事を目的としたファイルです。

よくWordPressを調べると、〜はfunctionに書いておけばOK!みたいなのを見かけますが、これは関数としてfunction.phpに記述しておいて、WordPress内でショートコードを使うためやWordPress内の機能を変更する時に使う処理内容を1まとめに記述して起きましょうねという意味合いだと認識しています。

書き方は、functionの処理内容を書けばいいですが、最低限PHPファイルなので、初めは<?phpが必要です。

閉じタグは書かないほうが処理が早いと言われていますが、正直そこまでのサイトを製作していないので、個人的にはどちらでもいいと思い込んでいます。

テンプレートファイル

以降はテンプレートファイルの説明をしていきます。

WordPressの管理画面でXXXテンプレートという表記をさせるためにはphpファイルに下記を記述する必要があります。

/**
*  The template : テンプレート名
*/

これだけで、テンプレートファイルとして認識してくれます。

そのため、404ページや500ページ、顧客ログインページなどのテンプレートページを作る時には、こういった作り方をするといいかも知れないですね。

archive.php
アーカイブインデックスページの作り方

多くのコーポレートサイトでブログを作成するという場合、企業が何故かブログを書いてくれない問題がありますが

アーカイブは過去記事への入り口と思っていただければ認識としては大丈夫です。

例えば、ブログ運営が2017年から現在までされた場合、記事数としては膨大な量になっていると思います。

この記事を2017年で1まとめにしたり、2017年1月でまとめたりする事を担ってくれるファイルです。

search.php
検索ページの作成

アーカイブと関連しますが、記事を検索した時の検索結果のページを作成するのに使用します。

検索結果の表示のページにはサイドバーを無くしたいとかヘッダーを変更したいなど、テンプレートファイルをあえて分けて作るメリットを多く利用しながら作るといいかも知れないですね。

作り方によりますが、検索結果と違った記事が検索されているような気がするユーザーも実際に何割かはいるので、検索結果が検索内容のどの部分にヒットしたのかわかると、ユーザのストレスが軽減できるかも知れないです。

single.php / page.php

この2つは、singleが記事の投稿を表示するページとして、pageは固定ページの通常のテンプレートとして使われます。

記事の方には、フッター部分にお問い合わせがないけど、固定で作成したページにはお問い合わせフォームがあるなどの使い方できますね。

index.php / heade.php / footer.php

これらは、おそらく書かなくてもわかると思いますが、必須です。

headerもfooterもなくてもindex.phpとstyle.cssだけでテーマとしては、認識されますが拡張性もメンテナンス性も低くなってしまうので、これらのファイルは最低限用意しておく事をおすすめします。

 

以上で、最低限サイトを作るときのテンプレートとして何が必要かは分かったんじゃないかなと思います。

思ったよりもファイルの説明を書いたら、そこそこなボリュームになったので、次は製作編として別記事に書くとします。